Original

布ナプキン煮洗いのススメ~気になるシミをなくそう!

布ナプキンの洗濯を繰り返すとうっすらと茶色い経血のシミ汚れが気になることも……。そんなときは「煮洗い」が効果的です。 

煮洗いするとこんな良いこと!

布ナプキンの洗濯以外で、煮洗いをしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。たとえば、ふきん、お子さんの靴下や下着など。

煮洗いは、清潔に使いたい布製品をキレイにしてくれる方法です。黄ばみなど汚れを落とすだけでなく、除菌・なかなか取れない生乾きのニオイもスッキリ落とすことができます。

ただし、汚れをしっかり落としてくれる反面、洗浄力が高い洗濯方法なので、何回も行うと布が消耗します。どうしても落としたい汚れがある場合など、ここぞという時に行うようにしましょう。

長く使っていくうちに、どうしてもシミ汚れはできてしまいますが、キレイに汚れが取れると、次に使う時も嬉しいものです。 お気に入りだからこそ長く使い続けたい。そんな方はぜひ、煮洗いにトライしてみてください。


煮洗いの前に、素材をチェック

煮洗いに向く布ナプキンは主に生成りのプレーン型になります。

<避けた方がよい素材・仕様>

・防水布など化繊を使用したもの(例:一体型布ナプキン、ホルダー)

熱で生地が傷んで縮んだり、防水布の場合は、防水効果が弱まる原因になります。

・草木染めを施しているタイプ(例:ローズ染め、いちご染め、ログウッド染め)

色落ちの原因になります。色落ちさせたくない場合、煮洗いは控えてください。 

・シルクやウール

熱湯で洗うことで生地を傷めたり風合いを損う原因になります。コットンやリネンは基本的にOKです。


布ナプキンの煮洗いってどうやるの?道具は何を揃えたらいい?

煮洗い用鍋

まず、火にかけるための鍋ですが、これはステンレスのものか、ホーロー製が良いです。 アルミ製のものは、重曹など使用する洗剤のアルカリ成分によって変色・腐食してしまうなど鍋を傷めてしまうためおススメしません。

ステンレス、ホーローであれば大きめのボウルでも代用できますが、アツアツの鍋から布ナプキンを取り出す時、鍋を支えるために持ち手がある鍋の方が◎。新しいものを準備しなくても古い鍋などを洗濯用に下ろして使っても良いです。

洗剤…アルカリ性の洗剤や粉石けん

液体洗剤でも煮洗いはできますが、布ナプキンなら「セスキ炭酸ソーダ」や「重曹」などがおススメ。 皮脂や血液などタンパク質の汚れには、これらのようなアルカリ性の洗剤がピッタリなのです。

粉石けんでもよいですが、その際は「複合石けん」「合成洗剤」でない無添加の石けん洗剤がよいでしょう。合成洗剤の場合、含まれる界面活性剤などが布ナプキンのやさしい風合いや肌さわりを損なう可能性があるからです。

布ナプキンを取り出すトング

煮洗いした洗濯物を鍋から取り出す時に使うトングも必要です。料理用として使い古したものや、100円ストアなどで購入しても良いですね! 菜箸などでも代用できますが、箸を伝って熱湯が手に垂れてくると火傷する恐れもあるので、注意が必要です。

取り出した洗濯物の受け皿…バケツやボウル

鍋から取り出した洗濯物は、バケツやボウルなどに入れて水洗いするので、鍋の近くに準備しておきましょう。鍋つかみやふきんなども手元にあると安心です。  

布ナプキンの煮洗い方法

①水に洗剤を溶かし、布ナプキンを入れる

水1Lに、洗剤を小さじ2杯ほど入れて溶かします。だいたい溶けたら布ナプキンを浸けます。

②30分ほど弱火で煮る

そのあと弱火で20~30分ほど煮ます。温度は、40~50℃をキープしましょう。50℃以上になると血液が固まり、落ちにくくなるのでご注意を。100円ショップなどで料理用温度計を準備してもよいでしょう。

弱火で煮ると、だんだん汚れが浮き出て、お湯が濁ってきます

③布ナプキンを水ですすぐ

30分ほど煮たら、トングなどで布ナプキンを取り出し、水ですすいでいきます。 この時、煮洗いした布ナプキンは、かなりアツアツになっています!火傷にはくれぐれも注意しましょう。

④布ナプキンを軽く手洗い

布ナプキンが冷めたら、汚れ部分を軽く手洗いしてください。またこの時点で汚れが落ち切っていないようでしたら、固形石鹸などをつけてこすってみて下さい。これでよりキレイになります。小さい洗濯板などがあると便利ですよ。

⑤脱水して干す

あとは普段のお洗濯と同じように脱水して干すだけです。もし、すすぎが足りないと感じる場合は、ネットに入れて洗濯機で他の衣類と洗濯しても良いです。

すすぐ際にクエン酸の洗剤を入れると柔軟剤の代わりになり、ふんわりと仕上がりますので試してみて下さいね。 


最後に

ガンコな汚れに効果的で衛生的な煮洗い。ただし、頻繁に行うというよりは、最後に使う「奥の手」といったところです。火を使うので、洗う際はくれぐれもやけどをしないよう気をつけて行いましょう。

ジュランジェメディア編集部

ジュランジェメディア編集部

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

企業情報