Original

ピンクで女性ホルモン活性化!~色と過ごす新しい生理習慣~

突然ですが、皆さん「ピンク」はお好きですか?実はピンクには「女性ホルモン」を活性化させる働きがあるんです。

特に生理中は気分が落ち込みがち。ピンクを取り入れて前向きに過ごしてみましょう。

女性ホルモンと生理の関係

「女性ホルモン」とは、女性が妊娠、出産のできるカラダをつくるために必要なホルモンで、「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります。

エストロゲン

エストロゲンは、「女性らしさ」や「若々しさ」を保つのに欠かせないホルモンで、卵巣で育つ卵胞から分泌され、生理時期から排卵が起こるまでの期間に多く分泌されます。また、コラーゲン・ヒアルロン酸・皮下脂肪の生成を促進する働きがあるので、女性にとっても嬉しい美容効果もあります。

プロゲステロン

プロゲステロンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を整える働きをし、排卵後から生理までの期間に多く分泌されます。このプロゲステロンの分泌が増えると、からだに水分をため込んだり皮脂分泌を増やしたりといったあまり嬉しくない影響が現れ、「生理前の不調」にも関係していると言われています。 2つのホルモンの特徴を見ると、「プロゲステロン」が悪者に見えてしまいますが、生理、妊娠、出産をするためにはこの2つのバランスが正しくあることが必要なのです。  

ピンクは女性ホルモンの分泌を活性化する!?

たくさんの色がある中でも、「ピンク」の光の刺激はホルモンを最も豊かに分泌させる効果があると言われています。その効果は「色彩心理」や「脳科学」でも明らかにされており、若返り効果も期待されています。 反対に「ブルー」は体感温度を下げる効果があったり、「イエロー」は気持ちを向上させる効果が期待されています。 色の特性を生かした例として、婦人科はピンクの色彩心理を利用して「カーテン」や「椅子」をピンクで統一しているのだそうです。 それでは、女性ホルモンを活性化させる「ピンク」をどう活用するとよいのでしょうか。お勧めの方法を2つご紹介します。  

①1日3回で効果アリ?!「ピンク呼吸法」

「ピンク呼吸法」とは、ピンクの空気をイメージして行う新しい呼吸法です。この呼吸を1日3回のペースで継続することで心身共にリフレッシュすることができるので、是非チャレンジしてみてくださいね♪朝、昼、夜の3回に分けて行うのがおすすめです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

①目を閉じてリラックスします。
②心の中でピンクをイメージします。
③ピンクの空気を吸い込んでいると思いながら、深呼吸を3回します。

--------------------------------------------------------------------------------------------  

②ピンクを日常に取り入れよう!

ピンクで女性ホルモンを活性化させるために、普段の生活にピンクを取り入れてみましょう♪インナーやアクセサリーなどさりげなくピンクをいれるのがおススメですよ。また視覚からピンクを楽しむのも効果◎。

腹巻きパンツ

腹巻きパンツ「ホイップルウォーマー」

淡いピンクとラベンダーがかわいいジュランジェの腹巻きパンツは「シルク」と「ウール」で出来ているので肌に優しくフィット。お尻とお腹を温めてくれます。とても薄いので、パンツを穿いてもラインに響かないのがポイントです。  

布ナプキン

一体型布ナプキンMサイズ

ジュランジェには、肌面の生地が本物のローズで染めた「ローズ染め」の布ナプキンがあります。生成りよりも経血が目立ちにくい色なので汚れも気になりません。また、引き出しやタンスを開けるたびにピンクが目に入るので、憂鬱なブルーデーも思わずテンションが上がること間違いなし!

把握しよう!生理周期

女性ホルモンの乱れは女性にとって良くないことばかり。しかし、自分の生理周期、実は把握していないという方も多いのでは?

生理周期は「生理の初日から次回生理の前日までの日数」のことを指します。また、この日数が25~38日変動が6日以内である場合、正常であると言われています。

とはいえ、実際に計算して管理するのは大変ですよね。そんな時は気軽に生理周期を管理できるカレンダーを使うといいですよ。

生理周期をチェックする「ウーマンヘルスチェックカレンダー

これは「布ナプ普及協会」が毎年公開している、お月様のリズム(満月・新月)で 生理や体調を管理する女性用カレンダーです。 1年の体調管理にぜひご利用くださいね。

ピンクを取り入れて女性ホルモンを活性化しよう

ピンクは昔から女性に人気の色。それは女性が本能で欲しているからなのかもしれません。生理中も快適に過ごせるよう、生活の中にピンクを取り入れて女性ホルモンを活性化させましょう。

ジュランジェメディア編集部

ジュランジェメディア編集部

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

企業情報