Original

布ナプキン、やめた理由は○○です!!でも、その○○は解消出来るかも!?

布ナプキン、良さそうだから使い始めてみたものの 「期待していたのとは違った」 「負担がかかる」 そう感じてもう使うのやめたいと思っていませんか? 実は多い「布ナプキン やめました」というお声。 でも、そのやめた理由、もしかすると解消できるかも!? 今回は当店に寄せられた、「使ってみたけど続けられなかった」お声と一緒に解決方法をご紹介致します。

漏れた・吸収してくれない

  • 触り心地は良いですが、吸収してくれずだだ漏れ。生理中は私には無理。少し大きいけどライナーとして使うしかないかな。
  • つけて30分で横漏れ、もう使いません。自宅用でも怖いです。
  • 寝る前装着して、15分後には横漏れ、ジャージきてましたが、下まで濡れて、全く使えなかった。

「一度使ってみたら漏れて嫌な思いをした」 実は多いこの意見。

憂鬱な生理期間中に、漏れて服やシーツを汚してしまったら嫌な気持ちになってしまいますよね。

でも、その漏れ、実は「予洗い」をしていないから起こったことなのかも!?

みなさんは、はじめて布ナプキンを使用する時、予洗いをしていますか? 布ナプキンは、はじめて使用する時には、まず予洗いをすることが大切なんです。

肌に当たる面は、化学薬品などで漂白していない天然のネル生地を使用しています。そのため、天然素材の油分のそのままの状態。この油分が経血をはじいてしまうため、はじめて使用する時には予洗いをして油分を落とし、経血が吸収されやすいようにしてあげることが大切なのです。

「予洗い」ってどうやるの?

予洗いはとっても簡単!使う前に下着などと一緒に通常のお洗濯をして干すだけ。ネットに入れて洗うと型崩れも防止できます。 ただし、柔軟剤は界面活性剤という生地をコーティングする成分が入っているため、なるべく避けた方が良いでしょう。

布ナプキンは洗って繰り返し使用するもの。 何回かお洗濯を繰り返すうちに水通しも良くなり、吸収力もアップします。予洗いせずに使用して漏れてしまった方は、ぜひ今一度、お洗濯後の布ナプキンを使用して効果を確かめてみて下さいね。  

持ち運ぶ時の臭いが嫌

  • お出かけしたら使用済みナプキンを一日入れて歩く事を考えたら臭いそうですし、かさばるので自宅に居る時のみだなと感じました。
  • 自宅で使うには問題無いですが、やはり持ち運びとなると、躊躇しちゃいますね… 使い心地は、柔らかくて快適でした。
  • おもったよりサイズが大きく、使った後の持ち運びがやはりきもちよくありません。

「これ(使用後の布ナプキン)を持ち運ぶとかありえない。絶対におうでしょ!」

洗って繰り返し使うものとわかってはいても、いざ使ってみると持ち運ぶのに抵抗がある方もいるのでは?ニオわないの?など気になりますよね。

使用後の布ナプキンは、汚れた面を内側に折りたたんで、ジップロックなど封がしっかり閉められる袋に入れると安心。閉める時に空気をしっかり抜くと、乾燥防止になります。 さらに持ち運び専用のポーチに入れると安心ですね。

防臭効果のあるチャック袋一覧

それでもやっぱりニオイが気になる...。

そんな時には、アルカリウォッシュ水にエッセンシャルオイルを溶かした「簡易消臭スプレー」がオススメ。 小さなスプレーボトルなどにアルカリウォッシュを溶かした水を入れ、そこにアロマオイルを数滴ぽとり。布ナプキンと一緒にポーチに入れておき、使用後にシュッ。

ティーツリーやユーカリは殺菌効果が強く、またスッとする香りのため、ニオイ防止にもなります。 また、アルカリウォッシュ水をスプレーすることで、持ち帰り後のお洗濯も楽になるでしょう。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)一覧 

ユーカリオイル配合の洗剤もあります♪

アルカリウォッシュとは?

別名セスキ炭酸ソーダ。皮脂や血液汚れに特に強く、布ナプキンライフには欠かせない頼れる粉末洗剤。 今まで落ちにくいと思っていた血液汚れもスッキリ落とします。 布ナプキンだけではなく、シャツの首周りの汚れ落しや、台所のがんこな油汚れにも効果を発揮する、家中使える洗剤です。 http://www.jewlinge.com/shopbrand/alkaliwash 周りに臭いが漏れていないか、どうしても気になってしょうがない...。 そう感じる時には、家にいる時や就寝時だけ布ナプキンにして、外出時は使い捨てナプキンというスタイルがオススメ。 外出時は使い捨てナプキンという布ナプキンユーザーさん、実は多いんですよ。 布ナプキンの持ち運びがストレスになってしまっては本末転倒。無理のない範囲で使ってみてはいかがでしょうか?

厚すぎて違和感がある

  • 分厚すぎて違和感すごいです。乾きも悪く、もっと薄いのにすればよかったと思いました。
  • 正直な感想は、なにより厚いですね。 私は超うすに慣れているので、これはかなりモコモコして日常生活でも動きにくいし、ぴったりした服を着るとラインも気になりそう。

「分厚い!!モコモコしておむつみたい」 「何だか赤ちゃんのおむつカバーつけているような感じで抵抗がある...」 薄型の使い捨てナプキンに比べて、布が何層にも重なった一体型の布ナプキンは厚く感じるでしょう。 そのモコモコ感が違和感を感じてしまい使い続けることが出来なかった、というお声もいただきます。 布ナプキンには様々なタイプのものがあり、布を何層にも重ねた一体型タイプの他にも、ハンカチのようなプレーンを自由に折りたたんで調整出来たり、好きな枚数パッドを挟めるものもあります。 特にプレーンは様々な使い方ができ、くるくると丸めてデリケートゾーンとの隙間をなくすように装着すると吸収力がアップ。 また、薄型の使い捨てナプキンの上に敷いて使用できる使い捨て布ナプキンもあります。 http://www.jewlinge.com/shopdetail/000000000001/

最初は失敗してしまうかも知れませんが、慣れてくると自由にカスタマイズ出来るようになるのが布ナプキンの面白さ。 まずはお家や就寝時から慣れてみるのも良いかも知れませんね。

衛生面が気になり断念

  • 布ナプキンが生理痛や冷え対策にいいと聞いて購入しました。 漏れることはありませんでしたが、お洗濯が面倒で何となくですが衛生的にも気になるので使用を断念しました。
  • 色もかわいいし、しっかりした作りでいいと思います。ただ、しっかりしている分、なかなか乾かないです。衛生面で不安が残るので追加はしないと思います。

「何となく、繰り返し使うのは不衛生な感じがした」 使い捨てナプキンと布ナプキンの大きな違いは「洗って繰り返し使用すること」。 それに抵抗や不衛生さを感じてしまったというお声も多くいただきます。 この「不衛生な感じ」って一体なんでしょうか?

綺麗に落ちない

つけ置きをしっかれしても、うっすら残る汚れが気になる...。 そんな時には、「酸素系漂白剤」を使用すると良いでしょう。 漂白・洗浄・除菌・消臭に効果のある酸素系漂白剤に30分ぐらいつけ置きをすれば、気になる汚れも綺麗に落ちます。

酸素系漂白剤一覧

乾きにくい

布が何層にも重なって出来ている一体型布ナプキンは、通常の洗濯物と比べると乾くのに時間がかかります。そのため、生乾きやニオイの不安を感じることもあるでしょう。 直射日光の当たる場所に干せば、早く乾くし殺菌消毒にもなります。 梅雨時期などなかなか乾きにくい時は、扇風機の風を当てるのもオススメです。  

経血のついたものを洗うのに抵抗がある

洗面台やお風呂場で経血のついたナプキンを洗うことに抵抗を感じたこともあるでしょう。 お洗濯後は、洗濯場所や自分の手をしっかりと洗い、除菌スプレーをふって清潔にしておくことも大切。 水もこまめに取り替えると、つけ置き後の水を見て抵抗を感じることも少なくなるでしょう。 きちんと汚れを落として干せば衛生的に使い続けることが出来ます。

これって衛生的に大丈夫なの?不安を解消して楽しい布ナプキン生活を送る方法 

最後に

いかがでしたか? 使い始めると良いことだけではなく負担になってしまうこと、面倒なこともたくさんある布ナプキン生活。

マイナスな体験によってやめてしまう人もいますが、ちょっとの工夫で解消出来ることも多々あります。さまざまな工夫をすれば、楽しく布ナプキンを使うこともできますよ。

健康で快適な生活をおくるひとつの方法として、ぜひトライしてみてくださいね。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

企業情報